書籍一覧books

「事業計画を実現するKPIマネジメントの実務-PDCAを回す目標必達の技術」

事業計画を実現するKPIマネジメントの実務-PDCAを回す目標必達の技術

著者:大工舎 宏
出版社:日本能率協会マネジメントセンター; ISBN: 978-4820726326(2017/12)
定価:2,000円+税

本書は2015年12月に刊行後、好評につき現在第10版の 『KPIで必ず成果を出す目標達成の技術』の続編です。前著では、KPIマネジメント(KPIを活用した経営管理)を実践するメリットと基本手順を解説しました。
その後、読者の皆様や弊社のお客様から、KPIを設定・活用していく上でより実践的で実務的な書籍をとの要望をいただき、本書を出版するに至りました。

当社では、KPIマネジメントによる組織・人材強化を支援しています。KPI導入コンサルティングだけでなく、社内外のセミナーなどにも対応致しますので、お気軽にお問い合わせください。

KPIマネジメントの設計・導入の主なサービス内容はこちらをご覧ください。


  1. (1)KPIマネジメントを取り入れた経営管理の枠組・マネジメント体系の設計支援
  2. (2)KPIマネジメントの導入・定着の支援
  3. (3)各種KPIの設定・検討支援 (業務・機能・戦略テーマ)
  4. (4)KPIマネジメントのフォローアップ活動の支援
  5. (5)KPI関連の各種トレーニング・ワークショップの企画・実施
  • 本書の内容
  • 章立て
  • 著者紹介
    • ●KPIマネジメントで「誰が」「いつ」「なにを」するかの推進手順
    • ●使用するワークシートやツールと活用例
    • ●指標管理を越えた目標達成力のある組織をつくるためのポイント
      1. 序章「誰が」「いつ」「なにを」行うかの全体像
      2. 第1章 ステップ1 前期経営計画の総括
      3. 第2章 ステップ2 必達目標と戦略課題の整理(戦略マップの第1版作成)
      4. 第3章 ステップ3 戦略目標(戦略課題のKGI)の設定
      5. 第4章 ステップ4 部門のKGI・プロセスKPIの設定
      6. 第5章 ステップ5 取組みテーマの進め方の検討
      7. 第6章 ステップ6 アクションプランの設定
      8. 第7章 ステップ7 戦略マップの最終化と予算設定
      9. 第8章 ステップ8 KPIマネジメントの運用ルールの設定
      10. 第9章 ステップ9 コーポレート部門で対応すべき事項の整理
      11. 第10章 ステップ10 KPIでPDCAを回す
  • 大工舎 宏 / Hiroshi Daikuya
    アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティングを経て、(株)アットストリームを共同設立。現在、同社代表取締役兼アットストリームパートナーズ合同会社の理事長/代表パートナー。主な専門領域は、事業構造改革・収益構造改革の推進支援、各種経営管理制度(KPI、管理会計等)の構築・導入、組織変革活動の企画・実行支援。

弊社のその他の書籍

書籍一覧