採用情報recruit

キャリア形成

アットストリームのコンサルタントは、「顧客のためにバリューを出すプロフェッショナルであること」を大原則として、各ポジションに求められる役割でプロジェクトを経験することを通して成長し、キャリアを形成していきます。

コンサルタントのValue Up Step

  • ・コンサルタント/シニアコンサルタント
    プロジェクト全体の方針・計画を踏まえつつ、一定範囲の作業領域に関して解決策を提言して成果物の構想を設計し、自ら詳細作業を組立ててプロジェクト推進に貢献します。
  • ・マネジャー/シニアマネジャー
    担当プロジェクトにおいて品質の高い成果物を保証することを通してクライアントの経営者とチームからの信頼を獲得し、自らプロジェクトマネジメントを実施します。
    サービス開発、マーケティング活動を通じてコンサルティング機会を創出します。
  • ・ディレクター/パートナー
    プロジェクトの責任者としてお客様に提供するサービスの品質に対して責任を持ち、豊富なプロジェクト経験やリレーションを通じて、コンサルティング事業の拡大を行います。アットストリームの経営メンバーとして、経営目標達成の責任を担います。

キャリアパスモデル(志向性に応じた自由なキャリア選択)

評価制度

コンサルタントが自らの専門性を見直しキャリアを確実に形成していくための仕組みとして、プロジェクト単位での評価とその積み重ねとして年度単位での評価を行っています。

教育制度

OJTでの教育・育成とともに、効果的かつ実践的なトレーニングプログラムや自己啓発支援によりコンサルタントのキャリア形成をサポートしています。

【トレーニングプログラム】
コンサルタントのスキル・専門性を向上するための社内トレーニング/ディスカッションプログラム
各種プログラム及びプログラム間の関係は上記図を参照


  • ・ナレッジシェア
    様々な業種(Industry)×様々な領域(Solution)のコンサルティングの知見に関する共有会を定期的に開催しています。
    コンサルタントとしてのプロジェクトの進め方や困難な事象の立ち居振る舞いなどを実プロジェクトを例にしてディスカッションします。
    - Industry Professional Skill: 製造系、流通系、エネルギー系、など
    - Solution Professional Skill: 事業戦略、業務改革、経営管理・管理会計、販売管理、生産管理、IT構想、など
  • ・基礎スキルトレーニング
    自主学習で得た知識を発揮する場として下記カリキュラムに応じた集合研修の場を設け、ケースを活用したグループディスカッションなどを通して、コンサルタント同士で切磋琢磨するとともに講師からのフィードバックを受け自身のスキルを磨きます。
    - カリキュラム: ロジカルシンキング、問題発見、課題仮説、ドキュメンテーション、ヒアリング・インタビュー、ファシリテーション
    - 対象: 主にシニアコンサルタント以下+過去1年以内の入社のマネジャー
  • ・アットストリームアカデミー
    クライアントと共に研鑽し成長するユニークなトレーニングプログラム
    アットストリーム・アカデミーはこちら
  • ・自己啓発
    自己研鑽につながる外部のトレーニングや研修プログラムの受講に対する補助制度