グローバル経営管理|事業計画策定|製品原価|採算情報の活用|セミナー

ENGLISH
 
ホーム サイトマップ 情報セキュリティへの取組 お問い合わせ
  株式会社アットストリーム

経営管理・プロセス改革、組織・人材の強化、事業構造改革を支援する
プロフェッショナルなコンサルティング会社です

 
コンサルティング領域 プロジェクト実績 講演・セミナー 書籍・掲載記事 ニュース 採用情報
 
会社概要
地図とアクセス
私たちの信条
代表あいさつ
コンサルタント紹介
コンサルタント募集
 
新刊のご案内
弊社コンサルタントの新書
New Release!
KPIで必ず成果を出す目標達成の技術
KPIで必ず成果を出す目標達成の技術
大工舎 宏、
井田 智絵(共著)
  • イベント&セミナーレポート報告レポート 一覧
  • プロセスイノベーションセミナー
  • クライアント様と共に研鑽する研修会 アットストリーム・アカデミー
  • 原価計算ツールProfit+(プロフィットプラス)
  • コンサルタント募集中

  • 【業務提携先】
ホーム > 講演・セミナー > グローバル経営管理の方向性と仕組み作り〜事業計画策定のための製品原価・採算情報の活用〜

講演・セミナー紹介


グローバル経営管理の方向性と仕組み作り

〜事業計画策定のための製品原価・採算情報の活用〜

2013年8月7日(水)開催「グローバル経営管理の方向性と仕組み作り〜事業計画策定のための製品原価・採算情報の活用〜」セミナーにおいて弊社の大工舎が、「グローバル経営管理の方向性とそのための仕組み作り 」と題し講演させていただきます。

 

【株式会社日立ソリューションズからのご挨拶】

製造業においては、グローバル化により世界規模の需要変動や価格競争への対応を見据えた経営戦略の重要性が高まっています。 各企業は自社の経営実態を必要な粒度で確実に把握し、刻々と変化する経営環境やリスク要因を先読みした経営判断が求められています。
一方、多くの日本企業においては、海外オペレーションの比率が飛躍的に高まっているにも関わらず、経営管理基盤の標準化や統一は必ずしも実現していません。
本セミナーでは、日本企業が目指すべきグローバル経営管理のあり方と、システムの統一、標準化に向けた考え方について、現実的で効果的なアプローチ方法を事例を交えながらご紹介します。

 

【セミナープログラム】

14:00〜

グローバル経営管理の方向性とそのための仕組み作り

グローバル化により経営管理が複雑化する中、各社の事業環境・事業展開に応じた連結経営管理の仕組み・システムの構築とその活用が求められています。一方、多くの日本企業においては、海外オペレーションの比率が飛躍的に高まっているにも関わらず、経営管理基盤の標準化や統一は必ずしも実現されていません。各関係会社・各国の事情により、バラバラな制度やプロセス・仕組みが構築されてきている中で、いかにグローバル経営と拠点経営をバランスさせた最適なマネジメント基盤を整備していくのかが問われています。
本セッションでは、日本企業が目指すべきグローバル経営管理のあり方と、損益情報を中心とした経営情報の可視化に向けた仕組み・システムの統一/統合、標準化に向けた考え方について、現実的で効果的なアプローチ方法を事例を交えながらご紹介します。

株式会社アットストリーム
代表取締役 大工舎 宏
14:55〜

休憩

15:10〜

海外拠点データを活用した経営可視化システムの実際

グローバル進出の形態が輸出型、多国籍型からグローバル統合型へと変化する中で、グローバル統合型の製造業では、事業継続のための市場・生産拠点・投入製品の最適解が求められています。特に、製品戦略や生産・販売拠点再編成等の戦略テーマ検討におけるデータ精度向上や収益構造の見える化は重要課題となっています。 世界視点でサプライチェーンのコストを算出し、製品別利益を把握すると共に、「何処で何を作り、何処に何を売れば利益最大化となるのか?」等の製品戦略・拠点戦略立案のためのシミュレーションするITシステムが不可欠です。
本セッションでは、システムを構築する上で陥り易い問題を分かり易く説明し、コスト配賦ルール を含む経営可視化テンプレートをデモを交えてご紹介します。

株式会社日立ソリューションズ ビジネスソリューション事業部
ビジネス・プラットフォーム本部
担当部長 奥沢 浩
16:00〜

製品原価・採算をベースとした事業計画システムとは

グローバル展開している製造業の事業計画策定においては、世界規模の需要変動や価格競争に打ち勝つための対応戦略として、「利益確保の視点での市場毎に投入製品決定」、「製品グループ毎の利益見通し算出」、「利益最大化のためのサプライチェーンの最適化」、「コスト競争に打ち勝つための目標原価達成」等を織り込むことが求められています。しかしながら、本社・拠点間のデータ連携不足や支援システムの機能不足に起因した多くの課題も報告されています。
本セッションでは、製品原価・採算をベースとした事業計画システム構築における課題解決のための具体的な方法論を解説します。

株式会社日立ソリューションズ 産業・流通ソリューション事業部
産業・流通サービス本部
担当部長 板東 司
17:00

終了予定


都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。


【開催要綱】

タイトル

グローバル経営管理の方向性と仕組み作り
〜事業計画策定のための製品原価・採算情報の活用〜

日時

2013年8月7日(水) 14:00〜17:00 ( 13:30受付開始 )

会場

〒451-6028 愛知県名古屋市西区牛島町6-1
名古屋ルーセントタワー28F セミナルーム[地図別ウィンドウが開きます]

定員

40名

参加費

無料

主催

株式会社日立ソリューションズ

協賛

株式会社アットストリーム

対象

グローバル企業のCFO、CIO、経営企画・経営管理部門、原価企画・原価管理部門の責任者の方
なお、同業者(ITベンダー、コンサル)の方はお断りすることがあります。  

お申し込み方法
お問い合わせ

詳しくは、
株式会社日立ソリューションズ のWEBサイト(セミナー・展示会)の当該ページ別ウィンドウが開きます”をご覧下さい。



【講演者紹介】

大工舎 宏 (株)アットストリーム 代表取締役
アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティングを経て、株式会社アットストリームを共同設立、現在に至る。KPIマネジメントなどの経営管理制度の構築・導入、組織変革・改革浸透活動の企画・実行が主な専門。著書に「経営の突破力 現場の達成力」他多数。



   

このページの先頭へ

  ホームコンサルティングの特徴コンサルティング領域プロジェクト実績講演・セミナー書籍・掲載記事ニュース会社概要コンサルタント募集サイトマップ
 

プライバシー・ポリシー情報セキュリティへの取組ウェブサイト利用規定リンクについてお問い合わせ