会計・生産・営業・IT・人材強化それぞれの専門家が融合し、経営課題の解決を企画立案から実行定着まで幅広く支援。

ENGLISH

セミナー一覧seminar&news

【WEB配信】ウィズコロナ/アフターコロナの経営改善支援のあり方

2020年11月17日(火)開催 ”オンライン・セミナー「ウィズコロナ/アフターコロナの経営改善支援のあり方」 ” において
弊社の大工舎が「第二部 パネルディスカッション 「ウィズコロナ/アフターコロナの経営改善支援のあり方」」のパネリストとして登壇させていただきます。

【株式会社きんざいのご挨拶】

書籍「リレーションシップ・バンキングの未来-ポストコロナ時代の地域金融」出版記念
通信教育講座「ウィズコロナ/アフターコロナの経営改善支援実践コース」開講記念

戦後最大の危機下、金融機関は地元の中小企業・地域を守るために何をなすべきか?答えは、このセミナーにあります。

【セミナープログラム】

13:30~14:40
対談

第一部

リレバンの実践でしか地域金融機関は生き残れない

対談者
第一勧業信用組合 会長          新田 信行 氏
地域の魅力研究所 代表理事        多胡 秀人 氏

コーディネーター
株式会社きんざい 専務取締役       小田 徹
※「対談」のみ事前録画。

14:50~15:30
問題提起

15:40~17:00
パネルディスカッション

第二部

ウィズコロナ/アフターコロナの経営改善支援のあり方

講師
金融庁監督局銀行第二課 地域金融企画室 室長  日下 智晴 氏

パネラー
静岡銀行 企業サポート部 担当部長       齋藤 恭明 氏
長野県信用組合 執行役員経営支援部長      竹内 三明 氏
株式会社アットストリーム 代表取締役      大工舎 宏 氏

モデレーター
金融庁監督局銀行第二課 地域金融企画室 室長  日下 智晴 氏

【開催要綱】

タイトル オンライン・セミナー「ウィズコロナ/アフターコロナの経営改善支援のあり方」
配信日時 2020年11月17日(火)13:30 ~ 17:00(予定)
本セミナーは、インターネット回線を通じて、ご自身のパソコン・スマートフォン等でご視聴いただく、オンライン・セミナーです。
申込期限 2020年11月10日(火)16:00まで(定員到達時に受付終了)
募集定員 先着300名さま・同一法人等で2名さままで
受講料 無料
主催 株式会社きんざい 教育事業センター
お申し込み方法
お問い合わせ
詳しくは、”株式会社きんざいのWEBサイト(オススメのセミナー)の当該ページ”をご覧下さい。

【講演者紹介】

大工舎 宏 アットストリームパートナーズ合同会社 代表パートナー
Arthur Andersen、BearingPoint(現:PwC )を経て、(株)アットストリームを共同設立。現在、(株)アットストリームの代表取締役兼アットストリームパートナーズ合同会社 代表パートナー。主な専門領域:●事業構造改革/収益構造改革/新規事業戦略の企画・立案・実行●各種経営管理制度(業績管理・KPI、管理会計、原価管理等)の企画・設計と導入・定着化支援●上記に伴う組織変革活動・改革浸透活動の企画・立案・実行。著書:事業計画を実現するKPIマネジメントの実務-PDCAを回す目標必達の技術KPIで必ず成果を出す目標達成の技術-計画をプロセスで管理する基本手順と実践ポイント現場管理者のための原価管理の基本(共著)、ゼロからわかるコンサルティング営業のアプローチ(監修)、「製造業」に対する目利き能力を高める(共著)、金融機関のための取引先企業の実態把握強化法(共著)、高収益を生む原価マネジメント(共著)、経営の「突破力」現場の「達成力」

セミナー一覧