会計・生産・営業・IT・人材強化それぞれの専門家が融合し、経営課題の解決を企画立案から実行定着まで幅広く支援。

ENGLISH

セミナー一覧seminar&news

日経産業新聞フォーラム2019 CRE Meeting -大阪-
不透明な兆しもみえる経済 その分析と対策-企業にとって有効な地域戦略と不動産活用-スペシャリストの智Presents スペシャリストを迎えた講演とトークイベントを開催!

【三菱地所リアルエステートサービスからのご挨拶】

経済の不安定要因が世界各地で見受けられ、国内の景気成長も頭打ちと囁かれています。
令和となり消費税10%時代を迎え、今後の経済はどのように変化するのでしょうか。
強化すべき企業体力、備えなければならない企業の価値とは何か。
持続可能な成長をどのように支えるのか。スペシャリストを迎え議論の場を用意しました。

「スペシャリストの智」をお読みいただいている方を特別に招待いたします。

【セミナープログラム】

13:30~13:40

開催挨拶

三菱地所リアルエステートサービス 常務執行役員 黒田 晃右

13:40~14:20

基調講演

消費税10%時代の日本経済 企業戦略を考える

    慶應義塾大学 名誉教授/東洋大学 教授 竹中 平蔵


    博士(経済学)。一橋大学卒業。
    ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て2001年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣などを歴任。現在、公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼職。

14:20~15:15

テーマトーク

地域特性を活かした成長戦略 そのための企業体力と人材育成

    今後、関西でも高まるインバウンドに対する企業資産の活かし方、半世紀ぶりに開催される大阪万博から考える次世代の経済基盤の予測。企業戦略のスペシャリスト 大工舎宏と、不動産の専門的見地から 坪井宗孝が企業の在り方を議論します。

株式会社アットストリーム 代表取締役 大工舎 宏

三菱地所リアルエステートサービス 関西支店長 坪井 宗孝

1990年入社。夙川店での住宅仲介業務を経て、関西支店で不動産法人仲介業務に従事。法人仲介歴は20年を超える。弁護士と共に法的処理案件や、コンサルティング会社、金融機関と連携して相続・事業承継など幅広く案件を手掛ける。常に顧客目線に立った営業をモットーとする。2018年4月より現職。

15:15~15:30

質疑応答

【開催要綱】

タイトル 日経産業新聞フォーラム2019 CRE Meeting
不透明な兆しもみえる経済 その分析と対策-企業にとって有効な地域戦略と不動産活用-
日時 2019年10月24日(木) 13:30~15:30(開場13:00)
会場

日本経済新聞社大阪本社 カンファレンスルーム

【住所】
大阪市中央区高麗橋1-4-2[地図

【最寄駅】

  • 地下鉄京阪北浜駅:徒歩3分
参加費 無料
定員 200名
主催 日本経済新聞社
協賛 三菱地所リアルエステートサービス
お申し込み方法
お問い合わせ
詳しくは、”三菱地所リアルエステートサービスのWEBサイト(ライブラリー)の当該ページ”をご覧下さい。

【講演者紹介】

大工舎 宏 株式会社アットストリーム 代表取締役
Arthur Andersen、BearingPoint(現:PwC )を経て、(株)アットストリームを共同設立。現在、(株)アットストリームの代表取締役兼アットストリームパートナーズ合同会社 代表パートナー。主な専門領域:●事業構造改革/収益構造改革/新規事業戦略の企画・立案・実行●各種経営管理制度(業績管理・KPI、管理会計、原価管理等)の企画・設計と導入・定着化支援●上記に伴う組織変革活動・改革浸透活動の企画・立案・実行。著書:事業計画を実現するKPIマネジメントの実務-PDCAを回す目標必達の技術KPIで必ず成果を出す目標達成の技術-計画をプロセスで管理する基本手順と実践ポイント現場管理者のための原価管理の基本(共著)、ゼロからわかるコンサルティング営業のアプローチ(監修)、「製造業」に対する目利き能力を高める(共著)、金融機関のための取引先企業の実態把握強化法(共著)、高収益を生む原価マネジメント(共著)、経営の「突破力」現場の「達成力」

セミナー一覧