会計・生産・営業・IT・人材強化それぞれの専門家が融合し、経営課題の解決を企画立案から実行定着まで幅広く支援。

ENGLISH

採用情報recruit

当社とお客さま、自分と組織の距離が近い。
プロフェッショナルの一員として日々成長を実感

お客さまをしっかり見据えた仕事がしたかった

兵頭 卓
IT・営業系コンサルタント/マネジャー
ITコンサルティング会社と大手監査法人を経て32歳で入社

主に営業力強化の業務を担当しています。一つは、営業の方々が使うシステムの構想を練ること。現状の業務やシステムの問題点を調査し、どのような新システムを導入すれば営業や営業管理の仕事に役立つか、検討します。他には、営業担当者が顧客と商談を進めるにあたって何が課題なのか、例えば販促資料はどのように作成され、改善されているのか、現場の営業担当者と本社は十分な情報共有を図れているのか、こういったことを検討しています。

アットストリームに転職する以前は、ITコンサルティング会社と大手監査法人の2社を経験しました。ITコンサルティング会社時代は、お客さまの業務分析が不十分なままシステムだけをつくること、またシステム導入後のお客さまに関与できないことに疑問を感じていました。監査法人では、ITスキルを元に会計士の仕事のフォローやコンサルティングを行う部署に所属していました。しかし、転職した監査法人はいわゆる4大監査法人の一角であり、グローバル企業だけあって社内基準が厳しく、社内業務も煩雑でした。その弊害としてお客さまに最適なご提案ができない、お客さまに割く時間が減る、などの弊害がありました。

私がしたかったのは、しっかりとお客さまの状況を見て、そのお客さまにより適したサービスを提供することです。アットストリームならば、それが実現できると思い、転職を決意しました。

個人を尊重する文化に惹かれた

私が会社を選ぶ基準は人や文化です。アットストリームには「誠実、貫徹、学習」という3つの信条があります。「誠実」と「貫徹」は多くのコンサルティングファームが大切にすることかもしれませんが、「学習」はなかなかないと思いました。様々な企業を訪問し話を聞き、討議する、そういった経験を無駄にせず自分の成長の糧にしていく、それがより高品質なサービスを生み出すことになる、こうした姿勢に共感しました。

業務外においても学びの機会は豊富です。例えば、「アットストリームアカデミー」は恒例のイベントです。お客さまを無料でご招待し、当社のコンサルタントとチームを組んで、プロジェクト形式で議論するというもの。いわばお客さまを巻き込んだ学習です。お客さまに対するサービスの一環でもありますから、私たちコンサルタントが一方的にソリューションを提案するわけにはいきません。お客さま自ら「気づき」を得てもらえるよう、議論の進め方も工夫しなければなりません。

もう一つ、面接時に響いた話があります。私は学生時代、医療関連の研究をしており、いずれは医療業界において何らかの改善策を提案したいという目標を持っています。面接官にそう話すと、「それは面白い」と言ってもらえました。アットストリームの現行のサービスには含まれない事業になりますが、今後開拓していくことに問題はないし、会社としてもそれを推していきたい、ということでした。こうした個人の思いを尊重してもらえる文化にも、強く惹かれました。

経営層との意思疎通がスムーズ

当社は風通しがいい会社でもあります。経営層との距離が近く、日常的にも都合が合えばパートナークラスの人と食事に行くことも少なくありません。会社全体の状況についても、そのような場で、事前に情報共有が図れているのです。

少数精鋭であることも、当社の特徴です。働く時間や場所も個人の裁量に任されていることもあり、基本的にはいつもバラバラに行動し、それぞれ異なるお客さまを訪問しています。そのため普段は他のメンバーと顔を合わせる機会は少ないですが、これをフォローするイベントがあります。前述のアットストリームアカデミーはその一例です。また「アニュアルアップパーティ」という、社員たちの家族を招いて慰労するイベントも、毎年1回開催されています。

実力さえ伴えば新しい挑戦も応援してくれる

入社以来積んできた経験のおかげで、ある程度の専門性を確立できたという実感があります。今後は、もう少し仕事の幅を広げていきたいと考えています。アットストリームは扱うサービスが広範に渡り、一人のコンサルタントがずっと同じ領域を担当するという組織ではありません。ITを軸にしつつも、私が担当できる領域を広げていき、上のポジションを目指したいと思っています。

さらにその先には、私の念願である医療業界を含めて、複数の業界に対してサービスを提供できるようになりたい。実力さえ伴えば、どんな挑戦も後押ししてもらえるのが、アットストリームという会社なのです。