連結経営におけるERPのあり方と経営情報の可視化|連結経営|ERP|可視化|グローバル 

ENGLISH
 
ホーム サイトマップ 情報セキュリティへの取組 お問い合わせ
  株式会社アットストリーム

経営管理・プロセス改革、組織・人材の強化、事業構造改革を支援する
プロフェッショナルなコンサルティング会社です

 
コンサルティング領域 プロジェクト実績 講演・セミナー 書籍・掲載記事 ニュース 採用情報
 
会社概要
地図とアクセス
私たちの信条
代表あいさつ
コンサルタント紹介
コンサルタント募集
 
新刊のご案内
弊社コンサルタントの新書
New Release!
KPIで必ず成果を出す目標達成の技術
KPIで必ず成果を出す目標達成の技術
大工舎 宏、
井田 智絵(共著)
  • イベント&セミナーレポート報告レポート 一覧
  • プロセスイノベーションセミナー
  • クライアント様と共に研鑽する研修会 アットストリーム・アカデミー
  • 原価計算ツールProfit+(プロフィットプラス)
  • コンサルタント募集中

  • 【業務提携先】
ホーム > 講演・セミナー > 連結経営におけるERPのあり方と経営情報の可視化 〜グローバル連結経営の実態把握と先を見据えた経営判断のために〜

講演・セミナー紹介


連結経営におけるERPのあり方と経営情報の可視化

〜グローバル連結経営の実態把握と先を見据えた経営判断のために〜

2013年7月19日(金)開催「連結経営におけるERPのあり方と経営情報の可視化」セミナーにおいて弊社の大工舎が、「グローバル経営管理の方向性とそのための仕組み作り 」と題し講演させていただきます。

 

【株式会社日立ソリューションズからのご挨拶】

 一段落の様相を見せる円高に引き換え、中国をはじめとするアジア情勢、欧州不安など、グローバル企業を取り巻く環境は、経営にも断続的なインパクトを与えています。各企業は自社の経営実態を必要な粒度で確実に把握し、刻々と変化する経営環境やリスク要因を先読みした経営判断が求められています。
 それらに対応すべく、多くの企業でシステムとしてのERPが導入され、経営情報の可視化に取り組んでいますが、真のグローバル経営に資するレベルで使いこなせている企業は多くはありません。
 本セミナーでは、日本企業が目指すべきグローバル経営管理のあり方と、DynamicsAXを例としたグローバルマネジメント実現事例、グローバル経営情報可視化システムの構築事例などをご紹介します。

 

【セミナープログラム】

14:00〜

ごあいさつ

14:05〜

グローバル経営管理の方向性とそのための仕組み作り

 グローバル化により経営管理が複雑化する中、各社の事業環境・事業展開に応じた連結経営管理の仕組み・システムの構築とその活用が求められています。一方、多くの日本企業においては、海外オペレーションの比率が飛躍的に高まっているにも関わらず、経営管理基盤の標準化や統一は必ずしも実現されていません。各関係会社・各国の事情により、バラバラな制度やプロセス・仕組みが構築されてきている中で、いかにグローバル経営と拠点経営をバランスさせた最適なマネジメント基盤を整備していくのかが問われています。  
 本セッションでは、日本企業が目指すべきグローバル経営管理のあり方と、損益情報を中心とした経営情報の可視化に向けた仕組み・システムの統一/統合、標準化に向けた考え方について、現実的で効果的なアプローチ方法を事例を交えながらご紹介します。

株式会社アットストリーム
パートナー 大工舎 宏
14:55〜

休憩

15:10〜

日系企業のグローバル展開を支援するERPソリューション

 海外拠点へのERP導入が加速されるにしたがって、比較的売上規模の小さい拠点への大型ERPの導入によって、システムの維持運用コストが企業収益へ多大な影響を及ぼすことが課題になっており、多くの企業で情報投資の見直しがなされています。
 本セッションでは日立ソリューションズのDynamics事業への取組やグローバル展開への支援体制についてご紹介し、さらに、ビジネス環境の変化とスピードに柔軟に対応可能なDynamicsAXの概要と、tier-2 ERPとしての導入事例をご紹介いたします。

株式会社日立ソリューションズ
グローバル推進本部  Dynamicsデリバリ部
主任技師  稲田 達一
16:00〜

グローバル企業における経営可視化システムの実際

 少子高齢化社会の今日、新しい市場を求める日本企業のグローバル化は必須命題となってきています。合弁や買収によってグローバル展開を進めるケースも多く、各国のITシステムは統一されていないのが現実です。  
 企業グループ全体の経営状態を把握するためには、どの国で何を作り、どこに運んで、何を売れば効率的であるかを可視化することが必要ですが、統一されていない各国システムからの情報収集は簡単ではありません。   
 本セッションでは、実際のシステム構築事例を基に、陥り易い失敗や構築ポイントを、デモを交えて分かり易く説明します。

株式会社日立ソリューションズ
ビジネスソリューション事業部 ビジネス・プラットフォーム本部
担当部長  奥沢 浩
17:00

終了予定


都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。


【開催要綱】

タイトル

連結経営におけるERPのあり方と経営情報の可視化
〜グローバル連結経営の実態把握と先を見据えた経営判断のために〜

日時

2013年7月19日(金)14:00〜17:00 (13:30受付開始)

会場

〒556-0011大阪市浪速区難波中2−10−70 パークスタワー19F
日立ソリューションズ 関西支社 セミナールーム[地図別ウィンドウが開きます]
交通: 地下鉄なんば駅から 徒歩10分

定員

40名

参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社日立ソリューションズ

協賛

株式会社アットストリーム

対象

グローバル企業のCFO、CIO、経営企画・経営管理部門、原価企画・原価管理部門の責任者の方
なお、同業者(ITベンダー、コンサル)の方はお断りすることがあります。  

お申し込み方法
お問い合わせ

詳しくは、
株式会社日立ソリューションズ のWEBサイト(セミナー・展示会)の当該ページ別ウィンドウが開きます”をご覧下さい。



【講演者紹介】

大工舎 宏 (株)アットストリーム パートナー
アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティングを経て、株式会社アットストリームを共同設立、現在に至る。KPIマネジメントなどの経営管理制度の構築・導入、組織変革・改革浸透活動の企画・実行が主な専門。著書に「経営の突破力 現場の達成力」他多数。



   

このページの先頭へ

  ホームコンサルティングの特徴コンサルティング領域プロジェクト実績講演・セミナー書籍・掲載記事ニュース会社概要コンサルタント募集サイトマップ
 

プライバシー・ポリシー情報セキュリティへの取組ウェブサイト利用規定リンクについてお問い合わせ